JapaneseEnglish
 
サイト内検索 powered by Google

岩手大学大学院連合農学研究科

トップページ > デュアルディグリープログラム案内 > デュアルディグリープログラムとは
 
  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 修了生の方
  • 教職員の方
 

構成大学

 

リンク

学術研究員紹介
 
岩手連大生のための相談窓口
 
岩手連大生のための相談窓口
 
更新情報 デュアルディグリープログラムとは モデルケース プログラム案内 連絡先 FAQ
 

デュアルディグリープログラムとは

 

岩手大学大学院連合農学研究科とカナダ・サスカチュワン大学(Plant Sciences)とのデュアル・ディグリープログラムについてご案内いたします。

 

デュアル・ディグリーとは?

デュアル・ディグリー(Dual Degree)とは、 岩手大学大学院連合農学研究科(UGAS)及びUGASと協定を結んでいるカナダ・サスカチュワン州のサスカチュワン大学(U of S)の2つの大学を修了し、学位を取得できる制度です。最短3年間で本学とサスカチュワン大学の両大学から学位(計2つ)を取得することができます。
学生は、同時にUGASとU of Sに在籍し、両大学の指導教員団から指導を受けることができます。また、約1年半はサスカチュワン大学にて指導を受けることになり、英語力の向上はもちろんのこと、幅広い分野の研究者・技術者との交流を通じて異分野・異世代・異国の人々と信頼関係を築きながら相互理解を深めることができます。これらを通じて、グローバルな視点やキャリアパス、海外での研究遂行能力の育成が期待されます。

 

サスカチュワン大学紹介

サスカチュワン大学はカナダ国内では良い天気に恵まれる都市であるサスカトゥーン市に位置しています。サスカトゥーン市は南サスカチュワン川によって都市は東西に二分されており、それを7つの美しい橋がつないでいます。夏季の日中気温は20度から35度、冬季は5度から-30度です。人口は約23万人で資源や自然に恵まれ、広大な敷地を持つ大学を携えた快適な都市です。

サスカチュワン大学はカナダサスカチュワン州最大の州立大学であり、英語を公用語とする大学としてはカナダ国内において最大級の総合大学です。約2万人の学生が学び、そのうち約2, 300人の留学生が在籍しています。サスカチュワン大学では16の学士プログラム、100以上の修士プログラム、50以上の博士プログラムを提供しています。

植物科学科がある農業生物資源学部の他、工学、法学、医学、芸術科学等豊富な研究分野の学部を設置しています。

植物科学科では、作物学・園芸学・植物生態学・放牧地生態学を研究ベースで学ぶことができ、植物学における幅広い知識を習得することができます。
植物科学科は農業生物資源学部棟内に位置し、180もの研究室があり、広大な研究施設や温室、附属圃場(1,979ヘクタール)が設置されています。その他、Crop Development Centerが研究拠点として作物開発の功績を挙げています。

詳細は以下のサスカチュワン大学ウェブページでご確認ください。
サスカチュワン大学ウェブサイト:http://www.usask.ca/
サスカチュワン大学農業生物資源学部ウェブサイト:http://agbio.usask.ca/index.php

 

取得可能な学位

<UGAS>

Ph. D.
博士(農学)又は博士(学術)

<U of S>

Ph. D. in Plant Science
博士(植物科学) 
 

※学位記はUGASとU of Sからそれぞれ1枚ずつ授与されます。その他に岩手連大からサスカチュワン大学とのデュアル・ディグリープログラムを修了したことの証明書(英語)を発行します。

 

取得要件

以下で示す両大学での学位取得要件を全て満たすこと。

<UGAS>

・必修8単位(内6単位は特別研究)、選択5単位以上(U of Sでの取得単位を含め)を取得いていること。
・研究者倫理(単位外)の受講・学位申請の9か月~3か月前までに中間報告会を実施していること。
・査読付きの国際ジャーナル誌に論文が最低でも1編以上掲載されていること。
・学位論文が英語で作成されていること。
・学位論文公開審査会で了承を得ること。

 

<U of S>

・PLSC990セミナー及び倫理学その他の必修科目(単位外)を受講し、その他に最低3単位(1科目)以上を取得していること。
・Comprehensive Examinationを受け合格していること。
・学位論文が英語で作成されていること。
・学位論文公開審査会で了承を得ていること。

 

授業料

在学中の授業料は全て、岩手大学に納入します。

カナダ滞在中にかかる全ての生活費と居住費は学生の自己負担です。ただし岩手大学にて応募できる経済支援制度が各種あります。渡航費については、在籍期間中、日本~カナダ往復一回分の交通費が連合農学研究科から支援されます。

 

学位取得までの指導体制

各大学から3名ずつ、計6名の指導教員団による指導を行います。

 

出願資格

デュアル・ディグリープログラムでの入学を希望する場合は、下記を満たしていることが必要です。

1.岩手大学連合農学研究科学生募集要項に記載の出願資格のうち(1)~(5)に該当する者

2.入学時までにサスカチュワン大学の指定する語学条件を満たしている者
 ただし、サスカチュワン大学の判断により入学時に上記の条件を満たしていない場合でも、入学が許可されることもあります。
 (その場合、入学後からサスカチュワン大学派遣時(2年次)までに語学条件を満たす必要があります。)
 サスカチュワン大学が求める語学能力については、下記のURLからご確認ください。
 http://www.usask.ca/cgsr/admission/language.php

3.研究課題がサスカチュワン大学植物科学博士課程で受入可能なものであること
(出願前にサスカチュワン大学の指導予定教員と研究内容の打ち合わせを済ませておくこと。)

※出願前に、受入を希望するサスカチュワン大学植物科学博士課程の教員へ事前にコンタクトを取り、研究指導の承諾を得てください。コンタクトの方法は、基本的にサスカチュワン大学ウェブページに掲載されているメールアドレスへのメールでの連絡によります。メールを送る際は、必ず題名に「デュアル・ディグリープログラムに基づく研究指導のお願い」といった旨を表記してください。また、連絡方法については事前に主指導予定教員とよく相談してください。

注!
日本政府(文部科学省)奨学金留学生【国費外国人留学生】の方はデュアル・ディグリープログラムに応募できません。また、私費外国人留学生で、母国の政府支援及び財団等からの奨学金を受給している方は、出願可能(応募資格があるか)の有無を支給元へ確認の上、証明書(任意)を提出してください。
 
行事・お知らせ | 研究科長から | 研究科紹介 | 教員紹介 | 学位論文の手引き | 刊行物 | 関連サイト | よくあるご質問 | 在学生の方 | 受験生の方 | 修了生の方 | 教職員の方 | サイトマップ
Copyright (C) 岩手大学大学院連合農学研究科. All Rights Reserved.