JapaneseEnglish
 
サイト内検索 powered by Google

岩手大学大学院連合農学研究科

トップページ > よくあるご質問
 
  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 修了生の方
  • 教職員の方
 

構成大学

 

リンク

学術研究員紹介
 
岩手連大生のための相談窓口
 
岩手連大生のための相談窓口
 

よくあるご質問

質問 (目次)

【全般的な質問】

 

【学位に関する質問】

 

【修学に関する質問】

 

回答

Q1: 連合農学研究科の研究生になるには?
A1: 研究生として入学できるのは原則として博士課程を修了し、学位を取得している方です。
Q2: 休学・退学・復学の手続きは?
A2: 諸事情で休学・復学・退学を希望する場合は、連大事務室に相談の上、各種届出用紙を提出してください。(届出用紙はこちら)
Q3: 在学証明書等各種証明書が欲しいのですが?
A3: 各種証明書が必要な場合は、証明書交付願に記入の上、各構成大学窓口に提出または連大事務室にFAX・メールで送付してください。郵送での返送を希望される場合は、切手を貼った返信用封筒を同封の上、連大事務室までお申し込みください。(届出用紙はこちら)
Q4: 授業料の引き落としについて
A4: 授業料は、皆さんが登録した金融機関から引き落とされます。前期は4月、後期は10月が引き落とし月ですが、残高不足の場合は引き落としができませんのでご注意ください。なお、引き落とし前後に通知等は行いませんので、その旨ご了解願います。
Q5: 学生証の再発行・更新がしたいのですが?
A5: 学生証を紛失した場合、あるいは、留年、改姓をすることになった場合は、申請書に学生証用の顔写真を添えて連合大学院宛に送付してください。(届出用紙はこちら)
Q6: 住所、登録メールアドレス等の変更したいのですが?
A6: 入学時申請した内容に変更(本人住所変更、本籍地変更、改姓改名、保証人・家族住所等)がある場合は、新たに届け出をしてください。届け出がない場合、重要な書類がお手元に届かな い場合があります。届出用紙は、各構成大学の窓口で配付しています。登録メールアドレスを変更する場合はrendai2@iwate-u.ac.jpにメールで変更後アドレスをお知らせください。
Q7: 海外渡航する場合は?
A7: 連大所属の学生が海外に出国する場合は、届出が必要になります。WORD DOWNLOAD日本人学生は海外渡航報告書(出国)、留学生はWORD DOWNLOAD一時出国届(帰国・旅行)が必要です。渡航期間が一ヶ月を超える場合は、帰国後にWORD DOWNLOAD海外渡航報告書(帰国)の提出も必要です。(届出用紙はこちら)
Q8: 奨学金の返還を猶予してほしいのですが?
A8: 修士課程で奨学金をもらっていた場合、在学届を提出することで博士課程在学中の返還は猶予されます。留年する場合も毎年度当初に在学届を提出することで大学院を修了するまで支払開始を延期することができます。在学届は配付されている返還のてびきについています。
Q9: 奨学金の受給を辞退したいのですが?
A9: 休学や退学、日本学術振興会特別研究員採用などで日本学生支援機構の奨学金が不要になる場合は、奨学金振込を停止する手続きが必要なので、すぐに連大事務室に連絡し、異動届を提出してください。(詳しくはこちら)
Q10: 学位取得について
A10: 当研究科では課程博士(連合農学研究科の課程を修了して学位を授与される者)と論文博士(本学に学位論文を提出し、その審査に合格して学位を授与される者)の学位を取得することができます。 学位取得の手続きは、学位論文提出の手引きページまたは規則集をご覧下さい。
Q11: 論文博士の学位を取得したいのですが?
A11: 学位論文を提出し、予備審査、学位論文審査及び研究科教授会の議を経て合格となった場合に、9月及び3月の修了式に学位が授与されます。受付は、5月及び10月の研究科長が定めた時期となっていますので、審査日程表を確認の上、申請期日に遅れないように余裕をもってご準備ください。
Q12: 14条特例について
A12: 当研究科では、社会人の方が研究指導を受けやすくするために「大学院設置基準第14条に基づく教育方法の特例」を導入しています。教育上、必要があると認められる場合には、夜間その他特定の時間又は時期において研究指導を受けることができますが、入学手続きの際に申し出て、許可を受ける必要があります。(届出用紙はこちら)
Q13: 長期履修制度について
A13: 当研究科の標準修業年限は3年ですが、「職業等を有している」等の事情により、標準修業年限を超えて研究指導を受けることを希望する場合、最大2年まで延長することができる「大学院設置基準第15条に定める長期にわたる教育課程の履修」制度があります。入学時又は在学中に申請することができますが、 在学中の場合、2年次の2月末日(10月入学者は8月末日)までに連合農学研究科事務室まで申し出てください。申請が許可された場合、授業料は、長期履修を許可された年限で標準修業年限の支払い額を分割納入することになります。(届出用紙はこちら)
 
 
行事・お知らせ | 研究科長から | 研究科紹介 | 教員紹介 | 学位論文の手引き | 刊行物 | 関連サイト | よくあるご質問 | 在学生の方 | 受験生の方 | 修了生の方 | 教職員の方 | サイトマップ
Copyright (C) 岩手大学大学院連合農学研究科. All Rights Reserved.