JapaneseEnglish
 
サイト内検索 powered by Google

岩手大学大学院連合農学研究科

 
  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 修了生の方
  • 教職員の方
 

構成大学

 

リンク

学術研究員紹介
 
岩手連大生のための相談窓口
 
岩手連大生のための相談窓口
 
更新情報 デュアルディグリープログラムとは モデルケース プログラム案内 連絡先 FAQ
 

FAQ

 

デュアルディグリー・プログラムに関するFAQ 質問カテゴリ

語学能力について
学位について
渡航期間について
入学試験について
費用について
 

FAQ

語学能力について
Q1 デュアルディグリープログラム参加に必要な語学能力はどれぐらいですか?
A1 TOEFLの点数の場合、各4分野で最低20点以上、IELTSの点数の場合各分野で6.5以上獲得している必要があります。ただし、入学時に上記の条件も満たしていない場合でも、受入先大学の判断により、入学が許可されることもあります。その場合、入学後からサスカチュワン大学派遣時(2年次)までに語学条件を満たす必要があります。サスカチュワン大学が求める語学能力については、下記のURLからご確認ください。
http://www.usask.ca/cgsr/admission/language.php
 
学位について
Q1 受入先大学の修了要件を満たせなかった場合はどうなりますか?
A1 受入先大学の修了要件を満たせなかった場合は、受入先大学の学位は授与されません。ただし、岩手連大の修了要件を満たしている場合は岩手連大の学位のみが授与されます。
Q2 受入先大学派遣後に岩手連大を退学した場合、受入先大学の学位は授与されますか?
A2 岩手連大を退学した時点で受入先大学の学位授与要件を満たさなくなりますので、受入先大学の学位も授与されません。
 
渡航期間について
  渡航期間は約1年半ですが、個々人の研究の進捗状況によって変動があります。
 
入学試験について
Q1 入学試験の形式を教えてください。
A1 入学試験はSkype等を使用し、岩手連大の指導教員・サスカチュワン大学での指導教員が出席し、英語で行います。内容は、修士での研究内容と入学後の研究計画について合わせておおよそ20分程度の発表を行った後、発表内容と受験者の人となりについて40分程度質疑応答を行います。
Q2 入学試験の実施時期はいつですか?
A2 サスカチュワン大学での指導教員の予定を調整し、出願後、個別に連絡します。10月入学は8月下旬、4月入学は1月下旬から2月上旬です。
 
費用について
Q1 デュアル・ディグリープログラム中に必要な学納金は?
A1
≪岩手大学へ納入する分(現時点での予定額)≫
入学検定料30,000円
(平成23年9月から平成26年9月までに構成大学の大学院修士課程を修了又は修了見込の者は免除)
入学料282,000円
(平成23年9月から平成26年9月までに構成大学の大学院修士課程を修了又は修了見込の者は免除)
授業料年額 535,800円
※授業料はサス大在学期間中を含め在学中は岩手大学に岩手大学で定めた額を納入します。
≪サスカチュワン大学へ納入する分(現時点での予定額)≫
入学検定料 90カナダドル
Students FeeUGASに在学中 約65ドル(年間)
U of Sに在学中 約930ドル(年間)
※Students Feeはサスカチュワン大学での学内機器・施設使用料です。これは在籍期間中、サスカチュワン大学に必ず支払う料金になり、学生は直接サスカチュワン大学に納入します。Students Feeの額は年度によって変わる場合がありますので随時サスカチュワン大学のウェブページでご確認ください。
http://students.usask.ca/current/paying/student-fees.php
Q2 1年間の渡航期間中に必要な費用総額の目安を教えてください。(上記大学納付金以外)
A2
・本やその他必要経費約1,350カナダドル
・住居※約3,296~8,112カナダドル
※入居する寮のタイプによって違いがあります。上記の数字は学外にあるアパート型の寮(Seager Wheeler)と学内にある食事つきの寮(Voyageur Place)を比較してありますが、年度によって変更になる可能性があります。
参考:http://explore.usask.ca/moneymatters/index.php
・交通費  年額 約500カナダドル
・その他(衣服・娯楽等) 年額 約1950カナダドル
サスカチュワン大学のウェブページで大学院生用の必要経費について紹介していますので、ご確認ください。
http://www.usask.ca/cgsr/admission/expenses.php
Q3 サスカチュワン大学滞在中の居住は?
A3 以下のサスカチュワン大学の寮や、大学近辺のアパートに居住することになります。入居申し込みや入居手続きは自分で行ってください。

サスカチュワン大学寮(大学院生も入居できる寮)
・Assiniboine/Wollaston Halls  ・Graduate House
・Voyageur Place, College Quarter and Seager Wheeler ・Souris Hall (家族用)

以下のサスカチュワン大学のウェブページで寮等住居の情報を提供していますので確認してください。
・International Student and Study Abroad Centre (ISSAC)
http://students.usask.ca/current/international/arrival/accommodations.php

・The University housing website
http://livewithus.usask.ca/
Q4 在学中に受けられる経済支援制度は?
A4
岩手大学・岩手連大による支援制度
制度 内容 サス大派遣中の制度利用
入学料免除 経済状況により、入学料の全額又は半額を免除 入学時に申請可
入学料徴収猶予 経済状況により、入学料の徴収を指定する期日まで猶予 入学時に申請可
授業料免除 経済状況により、半期の授業料を全額・半額・一部免除
RA 研究の補助業務を行うことで年額10~39万円を支給 ×
連大学生研究プロジェクト(研究費支援) 選考の上、1~2年次学生の個人研究に対し、1件につき30万円程度の経費を支援します。(1年次の岩大にいる間は○) ×
研究遂行協力員制度 自分の研究に従事することで、半期の授業料を半額免除
学生交通費等への支援 在籍期間中カナダ~日本往復1回分のエコノミークラス格安渡航費(交通費のみ)を支給します。
その他、大学以外での主な支援制度
制度 内容 サス大派遣中の制度利用
日本学生支援機構奨学金
(日本人学生向け貸与型)
第1種(月額)80,000円or122,000円
第2種(月額)50,000円~150,000円

(事前手続きが必要)
日本学術振興会特別研究員
(DC1、DC2)
月額 200,000円
(特別研究員に採用された場合支給される。金額は年度で変更される場合あり。)

(事前手続きが必要)
日本学生支援機構海外留学支援制度(長期派遣)
(日本人学生向け給付型)
月額 118,000円
(採用された場合支給される。金額は年度で変更される場合あり。)

(事前手続きが必要)
 
行事・お知らせ | 研究科長から | 研究科紹介 | 教員紹介 | 学位論文の手引き | 刊行物 | 関連サイト | よくあるご質問 | 在学生の方 | 受験生の方 | 修了生の方 | 教職員の方 | サイトマップ
Copyright (C) 岩手大学大学院連合農学研究科. All Rights Reserved.