JapaneseEnglish
 
サイト内検索 powered by Google

岩手大学大学院連合農学研究科

トップページ > 研究科長から > 研究科長挨拶
 
  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 修了生の方
  • 教職員の方
 

構成大学

 

リンク

学術研究員紹介
 
岩手連大生のための相談窓口
 
岩手連大生のための相談窓口
 

研究科長から-研究科長挨拶

研究科長あいさつ

岩手大学大学院連合農学研究科長 上村 松生

 
 
岩手大学大学院連合
農学研究科長
上村 松生

岩手大学大学院連合農学研究科は、豊かな自然に恵まれ、日本の食料生産基地として重要な東北地域に位置する3つの大学(弘前大学、岩手大学、山形大学)の農学系研究科(修士課程)を基盤組織として、大学の枠を越えた相互協力のもとに、日本の農学領域における学術研究の進歩と関連産業並びに社会の発展に寄与する高度専門的能力と豊かな学識を備えた研究者・技術者を養成することを目的に設置された博士課程のみの大学院です。1990年に設置されて以来、800人を超える博士を世界各地に輩出し、さまざまな課題の解決に向けて活躍しています。その基盤は、本研究科におけるグローバルとローカルの両方に目を向けた特徴的なカリキュラムにあります。科学英語、研究インターンシップ、国際学会コミュニケーションなどのクローバルマインドの育成をめざしたものに加え、ローカルな課題を解決する能力を養う科学コミュニケーション、東北農学セミナーなどを実施し、グローバルとローカルの両方を見る目を養うことをめざしています。


現在、人類を取り巻く食料、資源、環境、エネルギーなどの状況はきわめて厳しいものとなっています。私達はその状況を少しでも改善し、グローバルなレベルで持続可能な社会を築いていく必要性に迫られています。2015年9月の国連サミットでは、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals, SDGs)が採択され、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットを設定し、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。17のゴールに中には、農学に関連したものが数多くあり、今後、博士課程修了者がこれらの目標を達成する場面で果たす重要性は非常に大きくなっていくことと考えられます。従って、大学院博士課程は持続可能な社会の実現を目指して社会をリードするリーダーを育成する重要な教育機関と位置づけることができます。


岩手大学連合農学研究科は、3つの構成大学の人的および研究資源、それに教育風土を活かしつつ、グローバルな視点とローカルな視点をあわせ持ち。持続可能な世界の実現を担う人材の育成と輩出に向けて、さらなる機能強化を目指したいと思います。

 




 
行事・お知らせ | 研究科長から | 研究科紹介 | 教員紹介 | 学位論文の手引き | 刊行物 | 関連サイト | よくあるご質問 | 在学生の方 | 受験生の方 | 修了生の方 | 教職員の方 | サイトマップ
Copyright (C) 岩手大学大学院連合農学研究科. All Rights Reserved.